会社方針

会社方針

『やり抜く信念と情熱!』

品質方針


1) 顧客満足の向上の為、たゆまなく技術と質を高め、魂を込めた製品を提供致します。

2) 品質向上の為に、品質マネジメントシステムの有効性の継続的見直し・改善に努める。

3) 法令・規制要求事項を遵守し、豊かで安全な地域、社会づくりに貢献いたします。


CEOメッセージ

 

株式会社丸谷工業は、最新鋭の設備を導入し、情報機器筐体及び装置部品、半導体関連機器、産業用機器、農業機械部品、建設機械部品、自動車部品、医療機器部品 等 多種多様の板金・精密板金加工を手がけています。昭和9年創業以来、その時代に応じた積極的な設備投資を行い、着実な受注増、実績をあげてきました。近年は、最新鋭の設備に伴ない、第2工場の増設も行いました。小板金部品~大型板金筐体と、多種多様なニーズに応えるとともに、加工機のNC化により加工能力の拡大、加工工程の効率化が確立されました。また、熟練工の技術継承を進め、若い技術者を積極的に採用し育成にも力をいれています。継承される技能を進化し続け、新たな技術に対応すべく会社自体も進化し続けています。


会社沿革

1934年04月
建築板金業として、松本市深志3丁目に創業開始
1962年07月
松本市双葉に工場を新築・移転
 
(有)丸谷工業設立
1977年11月
業務拡張に伴い、松本市大久保工業団地に本社工場移転
1985年12月
株式会社に組織変更。(株)丸谷工業に社名変更
1989年10月
当社にて建設機械運転席(キャブ)を開発・生産
1996年08月
本社工場・事務所および倉庫新築
2006年06月
双葉工場移転の為、本社工場敷地内に第2工場建設